RE.ACT

RE.ACTの財布

RE.ACT(リアクト)=刺激に反応する。デザイナー自身が「旅」「古着」「カルチャー」など、これまでに様々な刺激を受けてきた感覚ををモノ作りに反映したく命名。レザーアイテムを中心にジャンルの枠を超えたプロダクトを幅広く発信しています。

ブランドテーマは敢えて掲げず、様々な気分やシチュエーションで変化するイメージを楽しめるよう、自由で自然体なデザインを提案するブランドです。

RE.ACTは自然と共鳴できる呼吸する革、植物タンニンなめし革を使用しています。自然との同化、環境に優しい素材、温もりのあるアイテムを吟味し、創業40年の歴史ある工場で生産。使えば使うほど味わい深く変化する革製品をリリースしています。


RE.ACT Products

RE.ACT(リアクト)で展開している複数のシリーズを紹介します。大和藍を使用して染色した「Indigo Lether Series(インディゴレザーシリーズ)」、革の素材感と美しい色合いを楽しめるイタリアンレザーを使用した「Buttero Series(ブッテーロシリーズ)」など、それぞれに特色のあるシリーズをご覧ください。


Indigo Leather Series -インディゴ レザー シリーズ-

RE.ACTのレザーアイテム

薬品を一切使用していない天然の大和藍を使用。国内産古タンニン鞣しのタンロー革を大和藍の染料に浸けて染色。15分浸けて空気に触れることにより藍色に変化します。この作業を何度も繰り返し藍本来の色に仕上げていきます。陰干しをした後、最後の仕上げとして艶が持続するオイルを塗りこみます。この作業をすることにより、使用していくうちに艶が増して深い藍色に経年変化していきます。この工程をすべて終えた後、ペイズリー・ステッチの型押しを入れています。型押しは通常の型押しより強めに入れ、より立体感を出しています。

藍染の製品は、素材本来の風合いを最大限に活かすため、必要以上の染色や色止めなどを行っておらず、水濡れや摩擦などによる色落ちなど、変化が起こる場合があります。革本来の不均一なシボ、しわ、濃淡などは、天然素材である証明とご理解ください。


Buttero Leather Series -ブッテーロ レザー シリーズ-

ブッテーロ レザー シリーズ

古典的な植物タンニン鞣しの製法で作られたブッテーロは、薄化粧仕上げのためキズやしわなどが隠れにくい反面、革本来の自然で素朴な表情と透明感のある美しさを持ち合わせています。それらを味として製品に活かすことで唯一無二の個性ある表情を醸し出します。使い込むほどに艶が上がり、色濃く変化していく表情や、イタリアならではのナチュラル感あふれる色使いは秀逸です。また堅牢で可塑性に富む素材のため、長期使用にも耐え、末永く「天然素材」としての「革」ならではの経年変化を楽しむことができます。

作り手・使い手ともに納得してお使いいただくことができるレザーです。ブッテーロには十二分に油分が含まれていますので、製品化後のメンテナンスは乾拭きのみで問題ありません。

タンニン革 植物性のなめし剤を使っています。植物性なので人や環境にやさしく革本来の毛穴を潰さず呼吸する革です。


Checker Flag Leather Series -チェッカーフラッグ レザー シリーズ-

チェッカー

日本製の高級本革『Tipo(ティーポ)』を使用。日本で厳選し長時間丁寧になめした本革に、天然植物タンニンを用いる伝統的な製法で、芯まで染め上げることで、伸縮性が少なく丈夫で味のある革が仕上がります。背中の部位を厳選して使用することにより、型崩れがしにくくハリのある仕上がりとなっております。

深みのある色合いが特徴で、使えば使うほどに本皮革の味が出てまいりますので、年数を経ての皮革特有の変化がお楽しみいただけます。そのティーポのホワイトにシルクスクリーンプリントでチェッカーフラッグ柄をプリント。他には真似のできないレザー特有の風合いに仕上がっています。


Dyeing Leather Bag Series -ダイイング レザー バッグ シリーズ-

ダイイングレザーバッグ

ダイイングレザーバッグ

Dying Leatherは、バングラディシュ産タンニン鞣し革を使用。国内にて職人の手により縫製されています。製品にしてから溝浸けにて染色。染色後、艶が持続する特殊なオイルを塗り込み、バフの機械で磨き、光沢感と濃淡を出しています。

後染めの製品は、素材本来の風合いを最大限に生かすため、必要以上の染色や色止めなどを行なっておらず、水濡れや摩擦などによる色落ちなど、変化が起こる場合があります。革本来の不均一なシボ、しわ、濃淡などは天然素材であることの証明とご理解ください。